INTERNSHIP GUIDE

「KROWL」が実施するインターンシップとは?

「KROWLインターンシップ」とは学校等で学ぶ技術に加え、『現場で使える経験・スキル』を身につけることができるプログラムです。
基礎知識の習得(業務理解・Web制作ワークフロー概説等)はもちろんのこと、キャリア面談をはじめとした就業支援で就職・転職活動をサポートします。
具体的なインターンシップ内容について、2016年4月に行われた「第6期KROWLインターンシップ」を通して、さらに詳しくご紹介します。

どんな人が参加するか?

第6期では、合計8名(男性5名・女性3名)の方にご参加いただきました。年齢層は25~35歳、職歴はアパレルメーカーや印刷製本会社、飲食店や旅行代理店などさまざま。「KROWLインターンシップ」では主に、職業訓練学校に通っている方、IT/デジタル業界に興味はあっても実際の現場で働いたことのない方などにご参加いただいています。

何を学ぶか?

10日間のスケジュールの中で、下記のプログラムを行いました。「KROWL インターンシップ」では業界の理解やWeb制作ワークフロー概説などの基礎的な知識だけでなく、グループワークでのケーススタディーによる就業後に必要な経験やスキルを得られる環境を用意しています。

「KROWLインターンシップ」の強みとは?

1.IT/デジタル業界で働くための実務的な講習

博報堂アイ・スタジオグループで培ってきた制作実績を活かした実践に近い形での講習を受けることができます。また、実務未経験からスタートした先輩やWeb人材教育のプロが講師として、皆さんに現場で求められる”大切なこと”をお伝えします。

2.グループワークによるチーム活動の経験

様々な価値観や考え方を持った異なるタイプのメンバーとチームを組み意見交換をすることで、対応力を身につけることができます。また、グループで役割分担をしてアウトプットを作ることで、チームでひとつのことを成し遂げる”やりがい”を体験することができます。

3.インターンシップ後の充実した就業サポート

インターンシップ終了後も企業のご紹介やキャリア面談など、永続的に就業支援を行います。過去参加者のうち、約67%の方がIT/デジタル業界で就業が決定し、自らのキャリアを歩んでいます。

具体的なインターン内容

1オリエンテーション

インターンシップ期間の全体像を理解し、インターンシップ終了時の自身のゴール設定を明確にします。また、参加メンバーに自己紹介し、お互いのコミュニケーションを深めます。

2キャリア面談(期初)

自身のキャリアについてメンターに相談し、IT/デジタル業界で働くイメージを明確にします。期初に面談を行うことで、インターンシップ期間の過ごし方をあなたに合った形で提案します。

3IF検定

知識面での自分の初期値を知り、自身の課題を明確にします。
※アイ・ファクトリーが企画・立案を行った独自の検定

4業界理解・Web制作フロー概説

IT/デジタル業界全般・Web制作の基本的な流れの理解を深めることで、業務内容や役割の把握をします。

5グループワーク・プレゼン

構成書やサイトマップの作成などの提案書作りを通して、実務を体験します。作成したアウトプットをもとに発表を行い、その後の振り返りや先輩からのフィードバックにより、自信につなげていただきます。

6キャリア面談(終了時)

今後の就業活動に向けて、メンターと一緒に戦略を立てます。具体的には、ポートフォリオの作り方やインターンシップを通してメンターが感じた皆さまの強みをお伝えします。

7IF検定(修了時)

インターンシップ最終日に再度IF検定を受けていただき、10日間での成長を実感していただきます。