職務経歴書の書き方

職務経歴書は、人事・採用担当者に「あなたのことを」を理解してもらう重要な審査書類です。担当者は職務経歴書の書面から実務に必要な能力・姿勢があるかを判断し、面接するかどうかを決めています。時間にゆとりを持って内容を考え、丁寧に作成しましょう。

人事・採用担当者は
職務経歴書から何を読み解く?

どんな能力があるか

職務経歴書は「経歴を羅列するもの」ではありません。過去の経験や実績を根拠に「私はこういうことができます」とアピールするものです。どんな能力があるかを見ています。

どんな姿勢で仕事に取り組むか

過去の成果や課題解決のエピソードなどから、どう仕事を進める人か、どう課題に向き合う人か、仕事に取り組む姿勢を見ています。

コミュニケーション力、
プレゼン力はあるか

Web制作などクリエイティブ系では、スキルや能力はポートフォリオなどの作品で判断します。作品ではアピールしきれない部分(コミュニケーション力、ヒューマンスキル、マネジメント力、企画力など)を職務経歴書で見ています。

職務経歴書のフォーマットは?
どうやって作る?

職務経歴書のフォーマットは自由。
A4サイズで1〜2枚にまとめるのがベター。

企業側から特に指定がない場合は、自由なフォーマットで作成して構いません。一般的には、A4サイズ1〜2枚でまとめるのが良いとされています。詳しく書こうとすると内容が増えがちですが、できるだけアピール内容が伝わる、読みやすい書類になるよう心がけましょう。要点を押さえて簡潔に伝える情報整理力・プレゼン能力も評価の対象となる場合があります。

職務経歴書は、パソコンで作成するのが一般的。読みやすさを心がけて。

職務経歴書は、採用担当者が読みやすいよう、WordやExcel、Illustratorなどのソフトで作成するのが良いでしょう。Webエントリーやデータ形式で職務経歴書を提出(メール送信)する際は、PDF形式で保存したファイルにパスワードをかけて送ります。郵送または面接時に持参する際には、パソコンで作成したものを印刷して使用します。
作成する際は、必要に応じて見出しを入れたり、強調したい部分を太字にしたり、表組みなどを使うと読みやすさがアップします。「スペースが足りない」と極端に行間を詰めたり、文字サイズを小さくすること、「余白が多いかな」と文字サイズを大きくすることは、あまりおすすめできません。
職歴がない方は「どうしてもその仕事で成功したい」「頑張りぬきたい」という熱意や責任感をアピールするのも有効です。

職務経歴書作成のポイント

職務経歴書職務経歴書職務経歴書

1記入日・氏名

事前送付なら提出日、面接時に持参なら面接日の日付けを書きます。面接日が変わった場合は、新しい日付けで作り直しましょう。古い書類の使いまわしは厳禁です。年月日は、西暦でも元号でも大丈夫ですが、履歴書と統一したものを使うと良いでしょう。
他の応募者の書類と間違われないよう、氏名も明記しておきます。

2経歴要約

まず冒頭に「経歴要約」として、志望企業で有用な経験・スキルの概要をアピールします。あなたの経験・スキルに興味を持ってもらい、その先を読ませるために重要な項目となります。

3勤務先概要

会社名と会社の規模(資本金、売上高、社員数など)、在職期間、業種などを書きます。

4職務内容

職種と担当業務を簡潔にまとめて書きます。職階などもあれば書いておきましょう。

5実績・成果

実績や成果は、できるだけ数字を交えて具体的に書きます。たとえば「年間3,000万円の売り上げに貢献(前年比150%増)」など、客観的にすごさが判断できる数字(前年度比、達成率、順位など)を提示し、実績や成果が明確に伝わるようにしましょう。

6アピールポイント

部署やチーム、プロジェクトにおける立場や役割を明確にした上で、「どう貢献したか」を書きます。保有資格、語学力、受賞歴、PC操作力、ヒューマンの強み(チーム作業が得意、責任感が強い)、成果を出すために行った工夫や努力、習得したスキルなども書きましょう。内容が多くなるときは、ポイントを絞って書くと簡潔に伝わりやすくなります。
別業種からの転職では、応募企業の採用担当者が理解できるよう、専門用語や業界用語、略語は使わないほうが良いでしょう。

ワンポイントアドバイス

読む人に伝わるよう、アピールポイントはより具体的に書きましょう。たとえばExcelが得意な人であれば「主要な関数、ピポットテーブルを用いた集計、マクロの作成が得意です」のように具体的に書くと伝わりやすくなります。

最後に記入ミスがないか必ず見直しをしましょう。
誤字脱字はもちろん、改行位置やスペースの使い方(全角・半角)、表記揺れ(Web・WEB)など細部までチェックしてください。完成したら第三者に読んでもらいましょう。
伝わりづらい部分は修正し、あなたの能力やスキルが伝わる職務経歴書に仕上げましょう。

個別相談・お問い合わせ

KROWLでは、無料の個別相談を承っております。履歴書、職務経歴書、ポートフォリオの添削や企業の選び方など、Web業界に精通したキャリアアドバイザーがあなたのキャリアパスを一緒に考え、サポートしながら、就職に導きます。ご興味のある方はこちらからお問い合わせください。